まつ毛育毛で憧れの的!魔法のルミガンにお礼

メニュー

ルミガンの使用方法

ルミガンはまつ毛育毛に効果がある医薬品になります。この薬を使うことで今までよりも長いまつげを手に入れることが可能です。まつ毛が短いことで悩んでいる人やまつ毛がすぐに抜けてしまうことで悩んでいる人の悩みを解消してくれます。この薬は美容液だと思われがちですが、医薬品で効果もちゃんと立証されているため安心して使うことが可能です。ここではこの薬の効果や使い方、副作用や注意点をまとめていくので、これから使ってみたいと考えている方は是非参考にしてください。
ルミガンを使ってまつ毛育毛をして効果が出てくるまでに必要な時間は個人差はあるものの、8割以上の人は16週間つまり4ヶ月程度だとされています。4ヶ月程度使い続けることで、まつ毛が今までよりも25%長くなり、密度は6%上がり、色の濃さは18%程度上がるという結果が出ています。今までよりも密度も長さも均等になることで自然とカールしたまつ毛になります。この薬を使うことで、長さや密度まつ毛の濃さがまんべんなく改善されるため人気になっています。
この薬で使われている成分はビマトプロストというものです。この成分は今までは緑内障の薬に使われていたものとなります。緑内障を治すためにこの成分が入った薬を使った人の副作用としてまつ毛が伸びることが分かり、まつ毛のために使われるようになりました。ビマトプロストのちからは毛包を刺激し生成を促進すること、毛周期の成長期を延ばすこと、メラニン色素の生成を活発にすることの3つです。毛包が刺激されることで、まつ毛は太くなり、成長期が延びることでまつ毛が長く伸び、メラニン色素がたくさんあることで黒いまつ毛となります。
この薬の使い方は非常に簡単になっています。1日1回、上瞼のまつ毛の付け根にひと塗りするだけです。時間も全然かかりませんし面倒だと思うこともほとんどないでしょう。現在確認されている副作用は、まぶたが黒ずむ、目が痒くなる、充血する、眼圧低下、ドライアイ、目の違和感などとなります。これらの副作用が出てしまった時は一度使うのを辞めるようにしましょう。これらの中で一番使っていて嫌なものが黒ずみだと思われますが、何日か使うのをやめるだけで改善することがほとんどなので、一度利用をやめて様子を見ましょう。今までは緑内障の薬として使われていたもののため、目の中に入ってしまってもあまり問題はありませんが、目が開けにくいという声もあるため覚えておいてください。